福島わらじまつり

わらじトピックス

2021.06.22 第52回(令和3年度)福島わらじまつりの開催内容について

福島わらじまつり実行委員会では、本年8月6日(金)~8日(日)に第52回福島わらじまつりを開催することとしておりましたが、その開催内容が以下の通り決まりましたのでお知らせいたします。

 

◆8月6日(金)~疫病退散祈願神事~

①福島駅前通り旧中合前にて、大わらじのクレーン吊り上げ展示(16時頃~20時頃まで)

※大わらじには「疫病退散」幕を取り付けます。

②一般公募によるオリジナルわらじ作品(創作わらじ)の展示

③大わらじ前での疫病退散祈願神事

 

◆8月7日(土)~おうちでわらじまつり~

①ZOOMを活用した「オンライン上での一般参加」によるわらじおどりの実施(夕方より2回程度実施)

②福島駅前通り旧中合前にて大わらじのクレーン吊り上げ展示(14時頃~20時頃まで)

③一般公募によるオリジナルわらじ作品(創作わらじ)の展示

④大わらじ前でのわらじ音頭の生演奏・わらじおどりの披露(少人数で1日4~5回程度の披露)

⑤わらじを編んでお持ち帰りできる「わらじ作り体験教室」(10時より)

 

◆8月8日(日)

羽黒神社への大わらじ奉納

 

 

※国道13号信夫通りは使用いたしません。

※当日の詳細なスケジュールや感染防止対策、「創作わらじ」の制作募集方法、「おうちでわらじまつり」の詳細・参加方法については、準備ができ次第公式ホームページ等で周知いたします。

※市内の新型コロナウイルス感染症の状況が悪化した場合、内容を縮小・中止することもあります。

 

~以下、福島わらじまつり実行委員会 小河日出男 委員長のコメント~

過日、福島わらじまつり実行委員会の書面審議を行った結果、本年のわらじまつりの開催内容については、新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえながら判断することとしておりました。

最近の福島市内の新型コロナウイルスの感染状況を見ますと、新規患者の発生状況がゼロ名または1日あたり数名程度と一時期の波は越えた状況となっており、県内の高齢者に対するワクチン接種の進捗も7月中には接種完了の見通しとなっていることなど、明るい兆しも見受けられるようになってきました。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の終息時期が未だ見通せない状況であり、30万人もの観客と数千人のまつり参加者が集う通常のまつり開催方式では、観客・参加者・関係者が感染リスクにさらされることが懸念されます。

そのため、企業・団体参加の大勢の踊り手が一か所に集う方式ではなく、オンライン上での一般参加による新しい取り組み「おうちでわらじまつり」を企画いたしました。ZOOMをインストールしたパソコンやスマートフォンがあれば誰でも参加できますので、お気軽にご参加ください。

また、皆さまにわらじまつりの雰囲気を少しでも感じていただくため、福島駅前通りにて「疫病退散幕」を取り付けた大わらじの吊り上げ展示を行います。併せて、2年前にリニューアルしたわらじおどりを市民の皆さんへPRするため、少人数による演奏とおどりを披露いたします。

実行委員会といたしましては、当日の感染防止対策を徹底した上で開催いたしますので、皆さまも感染防止対策にご協力いただき、係員の指示に従ってご観覧いただきますようお願いいたします。

●福島わらじまつり実行委員会 TEL.024-572-7118 (福島商工会議所内)

お問合せはこちらから

TOP